調査を実施した結果、1位評価をひとつも獲得できないこともある?

今回のコラムのタイトルは、ここワンリサーチにお問い合わせくださる企業様からよく寄せられる質問です。

まず、答えを端的に申し上げると「あります」。

あるのか…まあそうだよね…と落胆なさったお客様もいらっしゃるかと思います…が、これには続きがあります。最後までぜひお読みください!

「1位評価をひとつも獲得できない」というケースは、以下のいずれかに該当する場合がほとんどです。

1)お客様の製品が、マーケットにおいて希少性が高い「オンリーワン製品」である
(=比較が可能な競合製品がほぼ存在しない)

2)お客様の製品の仕様が、競合製品群の仕様とほぼ同一である
(=比較が可能な製品情報がほぼ存在しない)

上記「1」の具体例としては、お客様の製品が「世界で初めて発売されたために競合製品が存在しないもの」や、「以前から販売しているが、競合他社が軒並み製造や販売から撤退したもの」などが挙げられます。

上記「2」は、たとえば健康食品の場合、調査対象となる各製品の主要配合成分がすべて同一、製造国も同一、初回購入キャンペーンの内容も同一…と、「同じ内容なので比べようがない」というものが挙げられます。

実はこれらは、どちらのケースも「調査を実施する前の段階」(製品資料の読み込み~設問設計の時点)で把握できることです。

したがって、これらのケースのいずれかにあてはまることがわかった場合は、調査実施前に弊社からお客様に必ずお伝えします。

その時点でお客様が「調査はキャンセル」と判断なさることも、もちろん可能です。キャンセルして申し訳ないなどという遠慮はかなぐり捨ててください。お客様にとって危うく無駄になるところだった調査費用を、他のことにご活用いただくほうが弊社にとっても有意義です。

なお、これ以外で1位評価をひとつも獲得できないというケース…これはすなわち、お客様の製品には競合製品と比べて優れた点がひとつもないということになるのですが…その点を心配なさる企業様もいらっしゃいます。

ですが、どのような製品にも、他社より優れた点はほぼ必ずあります。(開発者・販売者の視点で製品を長く見ているからこそ、製品の意外な魅力や強みを見落としておられるケースもあります)

お客様の製品の魅力や強みはどんなところなのか、競合製品との比較が可能な差異・特長はどれくらいあるのかなど、設問設計の段階でお客様と随時協議しながら、製品の特性が的確に伝わる設問内容に仕上げていきます。

関連記事

  1. 配合成分のザイアンス効果?

  2. 危ない調査会社を見抜くチェックポイント(1)

  3. ここワンリサーチのサイトをリニューアルしました