【速報】新幹線などの交通機関で、保安検査を強化することに賛成?反対?

2015年7月3日

先日発生した新幹線での放火事件を受け、交通機関の安全管理について、セキュリティ(保安検査)強化の是非などを調査しました。


実施期間(速報分)2015-07-01 12:00~2015-07-03 15:00
調査対象全国のここワン会員
調査方法スマートフォン・携帯電話によるオンライン調査
対象者抽出方法「ここワン」登録会員からの無作為抽出
サンプル数1,018サンプル

【回答者属性】
security_face

先日、新幹線の乗客が車内で引火性の液体をまいて放火する事件が発生しました。
あなたは、この報道をご存じですか。

security_Q2

全体では
「たしかに知っている」(90.3%)
の比率が圧倒的に高くなっています。次いで
「概要は見聞きしたことがある」(8.2%)
「知らない」(1.6%)
の順となっており、今回の事件に対する認知度の高さが表れています。

「新幹線などの公共交通機関でも、航空機のように荷物などの保安検査を実施すべき」という意見について、あなたのお考えをお聞かせください。

security_Q3

全体では
「どちらかといえば賛成」(32.7%)
「どちらともいえない」(31.1%)
「賛成」(21.6%)
などの順に比率が高くなっています。
「賛成」と「どちらかといえば賛成」を合わせた「賛成派」は54.3%、「反対」と「どちらかといえば反対」を合わせた「反対派」は14.5%で、新幹線などでの保安検査の実施については肯定的な層が否定的な層を上回っています。

「新幹線などの公共交通機関で、保安検査が実施されることになった場合に起きる変化について、あなたが「容認できない」と思うものがありましたらお知らせください。

security_Q4

全体では
「保安検査にかかるコストが運賃に上乗せされる」(70.1%)
「降車後、預けた荷物の引き取りに時間がかかる」(64.6%)
「出発時刻の数十分前までに到着しておく必要がある」(54.9%)
などの順に比率が高く、主にコスト・時間の面でのメリットが損なわれることに対して否定的な傾向がみられます。

今回は速報値を掲載しました。この調査の確定値は後日改めて掲載いたします。


関連記事